usotsukikun

インターネットに幸あれ

ここはインターネットのゴミ箱

本当にあった怖い話(笑)

それはまだ、私が二十歳のころ……

それはまだ、私が二十歳のころでした。

その日、私は夜行バスで東京から帰ってきました。

終着駅に着いた時間はまだ日も登らないような薄暗い時間帯でした。

私は狭い四列シートでくたくたになった体を引きずるように、駅のホームへと歩いていました。

家に帰ってもうひと眠りするかな、なんて考えていたその時でした。後ろから男の声がしたのです。

ちょっと、よろしいでしょうか……

「ちょっと、よろしいでしょうか……」

男はそう言って、申し訳なさそうな顔で私を見ていました。

グレーのジャケットに、白髪交じりのグレーの髪。男からは、どことなく紳士的な雰囲気が感じられました。

「実は、駅の工事をしているものなのですが、帰りの電車賃が足りなくて帰れないのです……」

男はそう言いました。

困っている人がいたら助ける。小学校のころから教わっていたことです。私は自分の財布を広げました。

「すみません、今、細かいのがないんですが、1000円札でいいですか」

男は、驚いたように目を丸くしました。

「ありがとうございます!これ、私の連絡先です」

男は、名前、住所、電話番号を書いた紙を私に渡しました。

「明日の12時に改札前で待ち合わせましょう、その時にお金はお返しします」

男はそういうと、駅の連絡通路の方へと消えていきました。

私は、眠い目をこすりながら、男の背中を見ていました。

男が見えなくなると、私は人助けをしたという充足感に満たされながら、帰路につきました。

約束の時間

次の日のことです。

私は時間通りに待ち合わせ場所へと向かいました。

しかし、待てども、待てども、男は来ませんでした。

私は、心配になり、男の連絡先へと電話をしました。

"プルルル…プルルル…おかけになった電話番号は、現在使われておりません"

私の頭の中は、真っ白になった。

あの男は一体、どこへ消えてしまったのだろうか……。

そして、私の1000円はどこに行ったのだろうか……。

 

ツーっと、私の背中に冷たい汗が一筋垂れた。

まとめ

駅で電車賃を求められたときは、まずは疑いましょう。

電車賃詐欺防止に幸あれ。

 

ツイッターをやめたので、こちらに移行。

ツイッターをやめた

長らくツイッターを使ってきたのだが、短文を投稿することを続けるうちに、長文を書くことができなくなってしまった。ツイッターは、少ない字数で書く必要があるため、どうしても、印象的な部分のみを切り取って情報を発信してしまう、という負の側面があるように思う。また、いいね、リツイートといった承認欲求を刺激するような要素は、過激な発言を誘発するように思う。そういった諸々に嫌気がさしたため、アカウントの削除に至ってしまった。

インターネット終活

 「終活」という単語が世間で流行ったことは、記憶に新しいだろうと思う。現実世界に関しては、老後生活に突入した熟年世代に限った話だと思うが、インターネット世界に関しては、若者も終活をやっておくべきだと思う。私の言うインターネット終活とは、自分が要職等のメディアや世間の目に付く立場になる前に、インターネット上の痕跡を消すことである。過去のSNS等の発言から、仕事に影響が出るといった事案は、すでに何件か散見される(異世界物のアニメ化取りやめとか)。若者はせめて大学卒業までにツイッターなどのSNSアカウントを消すべきである。え?鍵がかかっているから大丈夫だって?ダメダメダメ!リプライから君が誰とどんな会話してるかぐらいわかっちゃうんだから。悪いことは言わないから、早いうちに積み荷は燃やしておきなさいな。(このブログはどうなんだ、という突っ込みはスルーで)

グーグル先生になりましょう

皆さんの中にも超有名検索エンジンgoogle」を使う方が多いと思う。googleに聞いたらなんでも教えてもらえることから、「グーグル先生」なんていう呼び方もされている。さて(ここで一呼吸)、グーグル先生とはいったい誰のことを指すのでしょうか?チッチッチッチッ(秒針の音)。はい、しゅーりょー。正解は、僕たちです。僕たちは、googleで僕たちに問いかけているのです。哲学ですねー。(ここで皆を見渡す、会場失笑)

別に深い意味などなく、googleは僕たちがインターネットに残した情報を僕たちに提示しているにすぎない、という話です。より良いインターネットを作るには、昨日なに食べたかや、仕事の愚痴なんかを書き込んでいるのではだめなのです。皆で有益な情報を残すことで、世界の知の向上に貢献していかなくてはならないのであります。グーグル先生は君さ~★(アンパンマン

まとめ

 要は、SNSにくだらない呟きを書き込むくらいならば、知的な(笑)長文を書きましょうという話です。インターネットに幸あれ。

水平埋伏智歯(親知らず)の抜歯

 親知らずを抜いた時の痛みやはれについて書かれたサイトを見ると,これから治療する人の不安を煽るようなものが多く見受けられ,このままではいかんと思い,この記事を書いた次第であります.前述のような記事を見られて,治療が不安になった方が,この記事を読んで少しでも安心していただけたら幸いです.

 

 まず,私の体についての説明をします.年齢は20歳で,健康状態に特に問題がありません.そんな私が親知らずを抜くことになった原因は,歯並びの矯正を行う上で,将来的に親知らずが歯並びを悪くするという判断が下されたためです.親知らずの生え方は,あごの骨の中に水平に埋まっていて,全く歯が頭を出していない状態でした.

 

 次に,行われた治療について説明します.まず,歯茎に麻酔注射をしました.痛みはほとんど感じません.「あぁ,なんか刺したかな」くらいにしか思いませんでした.そして麻酔を数本刺したあと,歯茎を切開し,あごをの骨を削り,歯を小さく切断しました.この間は麻酔が効いているので,「あぁ,なんか切って削ってんなぁ」くらいにしか思いません.ただ歯を抜き出すときに,歯茎の奥にあまり麻酔が効いていなかったからなのか痛みがありました.お医者さんには痛いときは手を挙げてくれ,と言われていたので,手を上げるとすぐに追加で麻酔注射してくれました.すると,痛みは無くなり無事歯を抜き取ることが出来ました.そのあとは,切ったところを縫って閉じて終了です.抜いた歯を手術後に見せてもらいましたが,きれいに三分割されていました.

 

 では,術後の経過について書きます.

・手術当日(金)

 手術後薬局でもらった痛み止めを麻酔が効いているうちに飲んだためか,痛みが全くない.術後24時間は冷やした方が良いとお医者さんに言われたので,保冷材で冷やす.感覚がないので低温やけどをしないように気を付ける.

・一日後(土)

 痛みはない.ただ,頬がはれ始める.食事はフルーチェとヨーグルト.ひさしぶりに食べたのでとてもおいしい.他のブログに書かれているような痛みが来ることを懸念し家で安静にする.歯磨きは抜いてない方の歯のみ.

・二日後(日)

 痛みはない.ただ,さらに頬がはれ熱を帯びる.フルーチェってイチゴ味だけじゃないんですね.フルーチェおいしいよフルーチェ.外出する用事があったので一応マスクをして顔のはれを隠す.誰も自分の顔など気にしていないことに気づきマスクを捨てる.歩くときに抜いた方の顔の重みを感じる.

・三日後(月)

 痛みはない.顔ははれたまま,オタフクソースみたい.普通に大学に行く.一応マスクをする.

・四~六日後

 徐々にはれがひいてくる.知り合いに親知らずを抜いたことを話すと,よく見ると確かに,くらいの返事しか返ってこない.そのレベルではれは引いている.フルーチェに飽きたため,六日後の日から普通に食事をする.晩御飯のスパゲッティを食べていると,傷口を縫った糸が一本抜ける.

・一週間後(金) 

 糸を抜きに病院へ.ちゃちゃっと糸を抜いて終了.抜いたほうのあごに小さなしこりがある旨を伝えると,それは徐々になくなると言われる.反対側の親知らずを抜く日を決める.

・その後

 普通に食事をする.

以上が,抜歯後の健康状態です.他のブログでは4,5日目から激痛がするとか書かれていましたが,私の場合はそんなことはありませんでした.多分不安を煽ってアクセス数を稼ごうとしているんでしょうね.事実私はしょっちゅう見ていましたし.あと,書いてはいないですが,処方された薬は毎日ちゃんと飲んでいました.どうしても痛いときに飲む痛み止めは,手術した日に麻酔が切れる前に飲んだとき以外使っていません.

 

まとめ

・何もできなくなって寝込むような激痛がすることはない

・顔ははれるがすぐにひく

※痛みは体調や気分などにも作用されるでしょうし,症状には個人差があると思います.

不安を煽るようなブログを読んで心配になった人が,「こんな症状の人もいるんだ.じゃあ,そんなに心配するもんでもないのかな」と思っていただけたら幸いです.