usotsukikun

インターネットに幸あれ

ここはインターネットのゴミ箱

ツイッターをやめたので、こちらに移行。

ツイッターをやめた

長らくツイッターを使ってきたのだが、短文を投稿することを続けるうちに、長文を書くことができなくなってしまった。ツイッターは、少ない字数で書く必要があるため、どうしても、印象的な部分のみを切り取って情報を発信してしまう、という負の側面があるように思う。また、いいね、リツイートといった承認欲求を刺激するような要素は、過激な発言を誘発するように思う。そういった諸々に嫌気がさしたため、アカウントの削除に至ってしまった。

インターネット終活

 「終活」という単語が世間で流行ったことは、記憶に新しいだろうと思う。現実世界に関しては、老後生活に突入した熟年世代に限った話だと思うが、インターネット世界に関しては、若者も終活をやっておくべきだと思う。私の言うインターネット終活とは、自分が要職等のメディアや世間の目に付く立場になる前に、インターネット上の痕跡を消すことである。過去のSNS等の発言から、仕事に影響が出るといった事案は、すでに何件か散見される(異世界物のアニメ化取りやめとか)。若者はせめて大学卒業までにツイッターなどのSNSアカウントを消すべきである。え?鍵がかかっているから大丈夫だって?ダメダメダメ!リプライから君が誰とどんな会話してるかぐらいわかっちゃうんだから。悪いことは言わないから、早いうちに積み荷は燃やしておきなさいな。(このブログはどうなんだ、という突っ込みはスルーで)

グーグル先生になりましょう

皆さんの中にも超有名検索エンジンgoogle」を使う方が多いと思う。googleに聞いたらなんでも教えてもらえることから、「グーグル先生」なんていう呼び方もされている。さて(ここで一呼吸)、グーグル先生とはいったい誰のことを指すのでしょうか?チッチッチッチッ(秒針の音)。はい、しゅーりょー。正解は、僕たちです。僕たちは、googleで僕たちに問いかけているのです。哲学ですねー。(ここで皆を見渡す、会場失笑)

別に深い意味などなく、googleは僕たちがインターネットに残した情報を僕たちに提示しているにすぎない、という話です。より良いインターネットを作るには、昨日なに食べたかや、仕事の愚痴なんかを書き込んでいるのではだめなのです。皆で有益な情報を残すことで、世界の知の向上に貢献していかなくてはならないのであります。グーグル先生は君さ~★(アンパンマン

まとめ

 要は、SNSにくだらない呟きを書き込むくらいならば、知的な(笑)長文を書きましょうという話です。インターネットに幸あれ。